サーフィンのドルフィンってナニ。パドリングの次に重要。

サーフィン

サーフィンのドルフィンってナニ。パドリングの次に重要。

サーフィンのなかでパドリングの
次に大事なのはドルフィンスルー。

通称:ドルフィン。

ドルフィンスルーができないと
大波には乗れない。

サーフィンを始めて
最初に立ちはだかる壁。

サーフィンを挫折する要因にもなる
ドルフィンスルー。

ドルフィンスルーがなぜ重要なのか?

このページで解説します。

ドルフィンスルー ドルフィン

出典 http://s-media-cache-ak0.pinimg.com

サーフィンでドルフィンが重要な理由。

ドルフィンスルーは
通称ダックダイブ、またはドルフィン
とも言われている。

パドリングの次に重要なドルフィン。

なぜ重要なのかというと、
波は遥か沖でブレイクする。

サーフィンの醍醐味は、
波が崩れるタイミングで
テイクオフをして、
波と一体化すること。

波の上を自由自在に駆け巡る
スポーツ。

すでに崩れている波では
本当の楽しみは味わえません。

なので、

崩れている波をかいくぐり、
アウト(沖)までたどり着く
必要があります。

ただパドリングをしていれば
アウトに出られるわけでも
ありません。

アウトに向かって一生懸命
パドリングをしていても、
波は容赦なく押し寄せて来ます。

パドリングをして少し沖に
進んだと思いきや波をくらって
岸に戻され、またパドリングをしても
また戻されるの繰り返し。

ず~っとパドリングをしているのに
いつまで経ってもアウトに出られない。

なぜなんだろう?

それは、ドルフィンをしていない。

波を避けてないから戻されるのです。

ドルフィン 潜る

出典 http://s-media-cache-ak0.pinimg.com

ドルフィンをマスターする。

まず最初に、
パドリングをしてスピードをつける。

波が目の前にきたらボードの
左右のレールを両手で持ち
両腕を伸ばすようにして全体重を
ボードに乗せ前側を海中に沈める。

前側が沈んできたら、
それと同時にボードのテールに
右足を乗せて海中に沈めるように
蹴る。

そうすることで、
サーフボード全体を海中に沈める
ことが出来るので波は頭上を
抜けていくので、前に進むことが
出来ます。

パドリングでスピードをつけると
サーフボードを深く海中に潜らせる
ことが出来るからです。

最初のうちはなかなかマスター
出来ないと思いますが、
ひたすら数をこなしているうちに
自然と出来るようになります。

ドルフィンスルーが出来ないと
ライディング中のサーファーに
ひかれる場合もあります。

とにかくひたすら練習あるのみです。

ドルフィンスルーをマスターして
アウトに出ればパドリングの
疲れもふっ飛びます。

ドルフィン ダイビング

出典 http://s-media-cache-ak0.pinimg.com

まとめ

・ドルフィンをマスターしないと
 アウトに出れない。

・ひたすら練習する。

・パドリングでスピードをつけて
 なるべくボードを深く潜らせる。

・だれもが最初にぶつかるカベ。

・ドルフィンスルーをマスター
 しないとサーフィンを挫折する。

ぜひ
ドルフィンスルーをマスター
しましょうね^^

本日のサービスショット^^

サーフィンのルール

出典 http://s-media-cache-ak0.pinimg.com

ドルフィンスルーサーフィン

ドルフィン10連発

duck dive ドルフィンスルー



1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

Billabong公式通販 ビラボンオンラインストア



カテゴリー

月別アーカイブ