http://surfjanky.whdno.com/

サーフィンのサイズ。波のサイズはどうやって計る?見た目それとも....

サーフィン

サーフィンのサイズ。波のサイズはどうやって計る?見た目それとも....

サーフィンの波のサイズは
いったいどうやって計測しているのか?

岸から見て判断できるのか?

波のサイズを知らなければ
サーフィンも楽しめないどころか
たいへん危険な目にも逢います。

波のサイズについて
このページでご紹介いたします。

頭半 ダブルオーバー

出典 http://s-media-cache-ak0.pinimg.com

実際に波のサイズを計測しているのか?


サーフィンの波のサイズは基本的に
人間の身長を目安にして
算出されます。

頭、肩、胸、腹、腰、もも、ひざ、スネ
大まかに分けると8種類に
分類されます。

中でも頭より大きいサイズは、
オーバーヘッド、頭半、ダブル
ダブルオーバー、トリプルに
なります。

実際のサイズは海に入らないと
分かりませんが、
身長を目安にしています。

波情報でも、
サイズ表記は胸、肩、ひざなど
体の部位で解説します。

すね、ひざ、ももだと
ほとんどNo(ノー)サーフ状態。
極小サイズ。

腰、腹だと少し物足りない。
小波サイズ。

胸、肩くらいのサイズは
ファンウェーブでとても
乗りやすいですね。
中波サイズ。


頭からオーバーヘッドになると
少しハラハラ、ドキドキしますが、
テイクオフからのボトムターンも
深く、アップスのスピードも速くて
サイズが大きくなればなるほど
スピードが出ます。
大波サイズ。

一度乗ったら病み付きになりますね。

ダブルになると、
命賭けのレベルになります。
サーフボードが折れる確率大。

アウト(沖)に出るにも
ドルフィンスルーでは波を
交わせません。
なので、
板を捨てて海中に潜ります。

腰サイズ

出典 http://s-media-cache-ak0.pinimg.com

ビーチブレイクの場合は、
波のサイズが大きくなればなるほど
アウト(沖)が遠くなります。

オーバーヘッドの場合は
30分ぐらいパドリングを
しているんじゃないか!

という錯覚になります。

ビーチブレイクは海底が
遠浅なので、どうしても
波が大きくなるとブレイクポイントが
遠くなります。


リーフブレイクの場合はポイント
ブレイクなので、波が崩れている
ポイントをよけてパドリングすれば
すぐにアウトに出られます。

ビーチブレイクよりも
リーフブレイクのほうが
波にパワーがあり、
波のフェイスも堅いのが特徴です。

海に入る前にしばらく
波のサイズをチェックしてから
海に入りましょう。


補足すると、
サイズが大きくなればなるほど
流れも発生するので、
ご注意を。


自分の力量に合ったサイズで
サーフィンをするのがベスト。

管理人の私もよく千葉の
サーフポイントに行きます。

千葉の波のサイズは、
大きくても頭から頭半くらい。

ダブルやトリプルは
台風シーズンを除きほとんど
ありません。

だいたい、
胸、肩ぐらいが多いと思います。

腹サイズ ロングボード

出典 http://s-media-cache-ak0.pinimg.com

波のサイズが分からない。

海に誰も入っていないのでサイズが
分からない。

なんてお方もいると思います。

特に初心者の方はサイズが
わかりません。

なので、
初心者やサイズがわからない人は
ヒトが入っている海で波のサイズを
確認してから入りましょう。

何年もサーフィンをしていると
サイズが分かるようになりますよ。

まとめ

・波のサイズは人の身長を目安に
 している。

・波のサイズあくまでも目安、
 実際に海に入らないと分からない。

・ビーチブレイクの場合、
 波のサイズが大きくなればなる程
 アウト(沖)のブレイクポイントが
 遠くなる。

・波のサイズが大きくなると
 速い流れも発生する。

・海に入る前にしばらく
 波のサイズをチェックする。

・自分の力量に合ったサイズで
 サーフィンをする。

以上になります。

サーフィン大好き^^

セット頭!

まあなんとかサイズ

腰腹サイズ

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

カテゴリー

月別アーカイブ